書籍通販 JUNGLE いつか来た道
 

 

 

 

著者略歴
狩野見神作(かのみ・しんさく)
川崎市に生まれる。
長野県立駒ケ根工業高校電気科卒。
國學院大學文学科卒。
旧・年金福祉事業団を経て
平成20年独立行政法人福祉医療機構
退職
(著者データは書籍刊行時に掲載されたものです)

登録情報
単行本 144ページ
出版社 文藝書房 (2010/07)
ISBN 978-4894773547
発売日 2010/07
サイズ 188 x 128 x 13mm
備考

 

 

 

定価

1,296円 (本体1200円+税)

夢か現(うつつ)か!めぐり合い、
運命とは不思議なものだ。
この道もいつの日か歩いた気がする……。
それは前世のことのようでもあるが、
知る術もない。

 表題作他6篇収録の珠玉の短編集

   ■主な内容(目次より)■
・二つの面(おもて)
・照れ屋な友
・七色の雲
・いつか来た道
・出会い蕎麦屋
   この道に立つと、女将の「いい娘
(こ)を貰ったね」と、
   微笑む声が聞こえてきそうだ。
   何か大切な物を失ったかのように、蕎麦屋の更地を眺
   める京一の姿を、不思議そうに見つめる美佐子がいた。
・この世再び
・冬山の見送り