書籍通販 JUNGLE  鎌倉物語
 

 

 

 

 

著者略歴
土山育司(つちやま・いくし)
昭和24年10月県生まれ。
不動産、建築業を経て現在建築士。
著書に詩集「初期詩集」「暴走」の2編。
小説に「街路樹のある街から」
その他、エッセイ多数。趣味は絵画。
(著者データは書籍刊行時に掲載されたものです)

 

登録情報
単行本 130ページ
出版社 文藝書房 (2008/02)
ISBN 978-489477-2854
発売日 2008/02
サイズ 188 x 128 x11o
備考

 

 

 

 

 

定価

1,296円 (本体1200円+税)

花に彩どられた古都「鎌倉」を舞台に、互いに惹かれあう二人。
美香は静かに濡れる紫陽花を見ながら言った。
「花はねぇ、じっと見ている人の心に語りかけてくるのよ。いろいろな
ことを、私はそれに応えるの。そして会話を交わしているうちに、自分
の心が癒されるのよ」

生きることの哀しみ、切なさを鎌倉の風物とともに描いた作者渾身の書

読者レビュー★ メール(info@jungle-net.com)にて読者レビュー受付中です。