書籍通販 JUNGLE 山頭火推考帖
 

 

 

 

著者略歴
木下信三 (きのしたしんぞう)
1934年 名古屋に生まれる。
1970年より山頭火の実証的研究をここ
ろざして全国の山頭火足跡を調査。
著書 「山頭火伝」「山頭火虚像伝」「山
頭火の細道」「山頭火空白帖」ほか
(著者データは書籍刊行時に掲載されたものです)

 

登録情報
単行本 256ページ
出版社 文藝書房 (2004/04)
ISBN 978-4894771628
発売日 2004/04
サイズ 188 x 128 x 15mm
備考

残部僅少

 

定価

1,404円 (本体1300円+税)

芭蕉への胸懐、井月への思望、焼却日記の謎、四国遍路
出立の事情、コロリ往生にまつわる証言への疑問など、新
しい視点から山頭火の生と死を徹底的に検証する。

   ■主な内容(目次より)
第一章 作句を解釈すること
第二章 井月を思慕すること
第三章 千里行消息を推理すること
第四章 芭蕉への懐いを検証すること
第五章 風来居出立の事情を探ること
第六章 四国で往生すること
第七章 焼却日記の謎を解くこと