書籍通販 JUNGLE

見失った季節

 

 

 

 

 

著者略歴
正木啓二 (まさき・けいじ)
1918年 大分県中津市生まれ。
早稲田大学文学部仏文科卒。「早稲
田文学」「文学者(丹羽文雄主宰・第
一次)」「九州文学」のほか地域総合
誌「九州人」に小説発表。
著書に「回想の早稲田界隈」「暗くな
らないうちに」「遅き日」など。

(著者データは書籍刊行時に掲載されたものです)

 

登録情報
単行本 95ページ
出版社 文藝書房 (2002/01)
ISBN 978-4894771079
発売日 2002/01
サイズ 188 x 128 x 7mm
備考 残部僅少
 

定価

86円 (本体800円+税)

アルツハイマー病を患い、心を失った老妻。過去のわずかな記憶だけが
今の時間なのだ。看取っている夫の方も季節の移り変わりを忘れ、時を
見失ってゆく。あふれる抒情と寂寥感ただよう連作短編集。

 

   ■主な内容(目次より)
ひとつの影
合歓の木
架け橋
さくら散る